2008年06月10日

宛先のないメッセージ

笠岡の花-1

昨日、宛先のないメッセージがありました、私のなやみにたいする

ものなのか、何なのかよく解りません。一人で抱えていても仕方ない

ので、先生にたくします。

よろしくお願い致します。

---------------------------

(いみがないという、その心にいみがない、はらのたつ、その心に

はらをたて、むつかしいという、その心がむつかしい、己より劣る

という、その心に慈愛はきえ、ゆくさきにきずくも、今にとどめる)

(宝にかくれるみにくさを、瓦礫にみえる価値あるものを、みせて

いる、みせている、それにみうる理をみきわめよ)

(流れにさからい理をすてるでない、成ってくる理はまことの理)

(むだというは、さらにない)

(魂やどるかしものの、自由と不自由をもつ価値をみよ)

(むだというは、さらにない)

(自由と不自由をもつ価値をみよ)

-----------------------------------



posted by syudi at 03:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このメッセージは私へのメッセージなのではないでしょうか? 涙が止まらなくなりました。7/8今日このメッセージを確認できた事もとても必然だったように思えます。
Posted by sindelera at 2008年07月08日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。